スポンサーサイト

0
    • 2020.05.29 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    死を想え

    0
      BookOff に行った。
      時々懐かしい本に出くわし、買おうかどうか迷っている。たった200円なのに。
      1冊の白いカバーの本。思わず手に取らざるを得なかった。
      私はある一節とその写真を探した。
      「メメントモリ」藤原新也の本。もう30年以上前の本。その時栗本先生もお元気だった。東京時代の本。
      もう持っていない。買おうとは思わなかった。
      何回そのページに目を奪われたか、思い出した。
      犬が人間を食べている写真。インドだったと思う。
      その横にはこう書かれている。
      「ニンゲンは、犬に食われるほど自由なんだ」
      死が遠くになった。安全な日本。でも、自由ではないのかも?
      帰りの自転車でその言葉が何度も繰り返されていた。

      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM